スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が外交休戦に前向き、国交“乗り換え”を辞退

 2008年10月14日、台湾「中央通訊社」によると、中国国民党の呉敦義(ウー・ドンイー)秘書長は、「中国は両岸(中国と台湾)外交の休戦に前向きな姿勢を見せ始めた。ラテンアメリカのある国が最近、台湾と断交し中国との国交樹立を申し出たが、断ったそうだ」とコメントした。

 呉秘書長がロイター通信の取材に答えた。記事によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統が5月、「北京側と国交国を取り合うつもりはない」と述べてから、中国は台湾と国交がある国からの“乗り換え”の申し出を遠まわしに断っている。呉秘書長は、「相手には『ゆっくり行きましょう』と婉曲な言い方で断ったと聞いている」と語った。

 だが一方で、呉秘書長は「中国がこの路線を続けていくのか、もう少し様子を見る必要がある」と慎重な態度も見せた。また、北京で開催される次回の「国共フォーラム」では台湾の国際活動の拡大についても話し合われると見られるが、「中国側がこれ以上阻む理由はないだろう。理解を示してくれることを期待する」と強調した。

 中国と台湾が国交回復への第一歩の動きが見られたようです。
 仲良くやってくれればいいんですけどね、日本にとってもプラスですから。
 だけど課題は大きそう、台湾の独立を中国が認めるのか、はたまた、台湾を中国が支配するのか、大きな壁がありますが、ぜひ乗り越えてほしいです。




                  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。