スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来春の花粉飛散数予測、北海道・東北以外は「例年より多め」

毎年花粉の飛散数予測を発表している日本気象協会は15日(水)、2009年春のスギ・ヒノキ(北海道域はシラカバ)の「花粉総飛散数」を発表した。同発表によると北海道と東北地方は例年より飛散量が少ないものの、それ以外の地域は「例年より多く飛散する」という。花粉症の人にとって、来春はいつも以上に厳しい季節となりそうだ。


 同予測は今夏の気象条件をもとにして作成。酷暑となったこの夏は平均気温が例年よりも高い地域が多いうえに、日照時間も十分にあったため、総飛散数も例年以上になると予測された。同協会によると「2008年春よりも多く飛散する」地域も多数あり、東海、近畿、中国・四国、九州は“かなり多い”という。

 花粉症の僕にとっては朗報です!
 北海道・東北は花粉の飛散量が例年より少ないとのことですから今年よりは楽に過ごせそうです。
 本当に花粉症はつらい・・・
 毎年困っているので、病院にいっているのですが、なかなか効果が出ませんでした。
 ですが、北海道・東北以外の地域では、例年より飛散量が多く、予報では「かなり多い」とのことですから、かわいそうだなと同情してしまいます。
 その地域の皆さん、がんばってください!




               

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。