スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ

2683629546.jpg
   青森県は24日、特産リンゴ「ふじ」に並ぶ有望品種として、24年をかけて開発
  した「あおり21」の品種登録が取り消されたと発表した。

  農水省に手数料を支払わなかったためで、種苗法では名前を変えても同じ品
 種は再登録できず、新品種を開発し直すという。

  2006年3月に登録を出願し、農水省は今年3月、官報に登載した。しかし、県の担当者は6000円の登録手数料を期限の1か月内に納めず、同省が今月17日付で取り消した。品種登録されると、県は30年間苗木を独占管理でき、生産するには許可が必要となる。県外に出さないこともできたが、登録取り消しで苗木流出の恐れが出てきた。

 県は品種改良に毎年1000万円程度の予算をかけており、「あおり21」は1984年、「ふじ」と他品種を交配させて開発を開始。実に袋をかけなくても夏まで出荷できるのが特長で、手間をかけずに品薄の時期に高価格で売れる品種として期待が高まっていた。

 三村申吾知事は記者会見で「残念至極な思いでいっぱいだ。大変悔しい」と涙ぐみながら陳謝した。

 は・・・
 これはありえないだろ、たかが6000円ケチっただけで品種取り消しなんて。
 日ごろのお役所仕事のツケがこんなところに回ってくるとは誰も思ってなかったでしょう。
 総制作費だけでも2億4000万円・・・
 これだけの血税が台無しになってしまって本当に青森県民の人たちは悔しい思いをしていると思います。
 6000円なんで払わなかったのでしょうか?
 農水省からの督促とかもなかったのでしょうか?
 それとも申請件数が多すぎてわからなくなったのか、何がどうなっているのかよくわからない事件です。
 この担当職員は責任をとってなんてことになるのですかね。
 まぁ、農水省も今から認めてあげたらなんて思ってしまいます。
 



               
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ - 山梨次郎 - 2008年10月28日 22:17:50

こんばんは。
レンさんの言うように、とても不思議な話ですね。

1ヶ月もの期間がありながら、
わずか6千円の登録料も払わない。

また、農水省のほうも6千円の登録料をを払わないだけで登録を取り消し。

もちろん悪いのは、手続きを怠った青森県の職員だと思いますが、
新品種を開発した人達の努力が無駄になってしまった
事を考えると、
果たしてこれでいいのかという感じがします。

個人的には、
品種登録による経済効果や開発にかかった費用を考えれば、農水省はもっと臨機応変に対応すべきだと思います。
また、手続きを怠った職員にも責任はあると思います。

Re: 24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ - レン - 2008年10月29日 01:51:32

こんにちは、山梨次郎さん。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>もちろん悪いのは、手続きを怠った青森県の職員だと思いますが、 新品種を開発した人達の努力が無駄になってしまった 事を考えると、 果たしてこれでいいのかという感じがします。

まったくそうだと僕も思います。
確かに期日を守らない職員が悪いのですが、リールや決まりにあまりにも縛られ、臨機応変に対応できない農水省の官僚も頭が堅いなと思ってしまいます。

なにより県民の多くの血税が投入され、長い年月研究されてきた研究者の方々の気持ちに少しくらい配慮したらと思います。

この問題はどのような結末を迎えるのでしょうか?
このまま終わりなら、少し寂しくなりますね。
では、またぜひいらしてください。

Re: 24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ - ejnews - 2008年11月01日 09:42:41

英語日本語ニュースのEjnewsと申します。この話面白いですね。悲しいと言うべきか..............。

Re: 24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ - レン - 2008年11月02日 22:02:35

こんにちは始めまして。
Ejnewsさんご訪問ありがとうございます。
確かに興味深い話ですよね。
いったいどうなっているのか・・・
今後の展開が注目されるニュースですよね。
また、ぜひいらしてくださいね。

産経新聞で記事が出てましたよ - 山梨次郎 - 2008年11月26日 04:39:36

レンさん、おはようございます。
今回のこの事件について、産経新聞で少し詳しく
取り上げられていました。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081123/biz0811231649002-n1.htm

どうも、農林水産省からは問い合わせの連絡が
何度も来ていたようで…

また、このような重要な仕事を一職員に
丸投げしてしまう自治体の構造も明らかに
なったようです。

正直、公務員の採用条項から国籍条項が撤廃されている現状で
このような一職員にすべての責任を預ける構造は
非常に危険だと思います。

今回の職員の国籍はわかりませんが
今回のような事態を避けるためにも
自治体内の仕組みを
を改善する必要がるとおもいます。

Re: 24年かけ開発した青森リンゴ、手数料納めず品種登録取り消しへ - レン - 2008年11月26日 18:45:47

こんにちは、山梨次郎さんお久しぶりです。
産経新聞の記事情報、ありがとうございます。

「農林水産省から問い合わせの電話があったにもかかわらず対応していなかったことも判明」
これは完全に青森県側のミスですね・・・
職員は何やってるんだか、怠慢としか言いようがないですよね。

「このような一職員にすべての責任を預ける構造は
非常に危険だと思います」
その通りだと思います。こんな重要なプロジェクトは個人一人でなく、複数人の人間からなるチームでも編成して行うべきだったのではないかと思います。

また、指令系統や自治体内の構造にも欠陥が生じているのではないでしょうか。この事件を参考に青森県には何らかの改善策を出してほしいものです。

では、またぜひいらしてくださいね。

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。