スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もみまんのように甘い恋を…」美少女の絵入り「もみじ饅頭」で広島の町おこし

20081029mog00m200025000p_size5.jpg    
    
  まんじゅう製造・販売会社「やまだ屋」(広島県廿日市市)は11月1日、マンガ誌「週刊少年マガジン」に連載中で広島が舞台のマンガ「君のいる町」のイラストを描いた広島名菓の「もみじ饅頭(まんじゅう)」(8個入り、700円)を発売する。宮島の本店と広島駅直営店の2店4カ所だけの限定販売で、12月31日まで。同社は「地元出身の作家でもあるし、町おこしになれば」と話している。

 「君のいる町」は、アニメ化もされた陸上競技マンガ「涼風」の作者・瀬尾公治さんの最新作で、瀬尾さんの出身地・広島県庄原(しょうばら)市が舞台のモデル。高校生の主人公・桐島青大の家に、突然東京から転校してきた少女・枝葉柚希が居候をすることになり、青大のクラスメート・神咲七海らを加えた3人の恋愛物語を中心に描いている。

 企画は、作者の瀬尾さんが広島県出身で、マンガの舞台も広島であることがきっかけで、パッケージには紅葉を髪飾りにほほえむヒロイン・柚希のイラストと「もみまんのように甘い恋をしませんか」という言葉が書かれている。

 マンガやアニメを使った町おこしは、アニメ「らき☆すた」にあやかった埼玉県の鷲宮町や幸手市、美少女キャラクターのラベル、パッケージをデザインした焼酎や米を発売した秋田県羽後町など、全国に広がりを見せている。

 またか、なんか最近こういうの多すぎ、酒、米と続いて饅頭、新しい手段として確立されつつあるのだろうか。 けどそんなに売れるのだろうか、まぁ、ファンが買うかも知れないが、なんとなくオタ狙いのような気がする。
 この手法で町おこしを行うことは、新たな手段として有効であるかも知れないが、そのうち飽きが来そう。
 単なるコラボにとどまらない、新たな戦略が求められるだろう。




                  

 

 











スポンサーサイト

この記事へのコメント

はじめまして - サチ - 2008年11月21日 14:43:15

面白かったです。また、きますね。

Re: 「もみまんのように甘い恋を…」美少女の絵入り「もみじ饅頭」で広島の町おこし - レン - 2008年11月22日 21:35:48

こんにちは。
初めまして、サチさん。
こんな過去記事へのコメント、大変うれしいです。
ぜひ、これからもよろしくお願いします。

トラックバック

米流時評 - 2008年10月29日 23:17

特報!北朝鮮兵38度線脱北/北、韓国に核の威嚇

  ||| 38度線脱北兵士/北 核攻撃の威嚇 ||| 4月から2人目の脱北者、北朝鮮兵士が38度線の非武装地帯で南へ越境亡命 韓国は北の核攻撃に備え先制攻撃を宣言、北は攻撃があれば核で報復と威嚇 「死線を越えて」という言葉があるが、今回の記事は北朝鮮と韓国の

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。