スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨドバシカメラのサイトが「動かないコンピューター」状態、機会損失は既に数億円規模?

200810281840m.jpg 
 大手量販店ヨドバシカメラが今月20日前後に実施したサイトリニューアル以来、応答性能が極端に悪化するなどの不具合が発生していることが28日までに明らかとなった。

 サイトにアクセスすると数十秒も待たされた挙句「画面表示に時間がかかり大変ご迷惑をおかけしております。改善に向けて修正を行っております。ご不便をおかけして、誠に申し訳ございません」とするメッセージが表示される状態が、既に1週間以上も継続しており、サイトリニューアルに伴う障害で被った機会損失額は既に数億円規模に達しているものと見られている。
 
 関係者によると同社はオンラインサイト拡充のため、ウエブ業界では比較的名の知れた制作会社が開発を行ったCMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入することでサイトの全面的リニューアルを実施。しかし、このCMSは日本有数の利用者数を誇るヨドバシカメラのトランザクションには耐えることができなかったことが、今回の遅延につながる結果となったようだ。

 この制作会社はフラッシュなどを使った「見栄えの」する企業サイトの制作では定評があるものの、本格的な電子コマースシステムの開発を行える程の開発部隊を備えているとは言えず、今回のCMS導入決定を巡っては業界内でも「ほんとうに動くものができるのか」といった疑問の声なども上がっていた。

 ヨドバシカメラとサイトリニューアルを行った制作会社は共同で事態の沈静化を目指してシステムの最適化作業を行っている模様だが、今のところ抜本的な解決策は見出せないのが現状。

 あらら・・・
 機会損失は数億円だって、確かに正確な数字は出せないけどネット通販にもそれくらいの販売力があるのだろう。
 リニューアルしたサイトが重くなったことならよくあるが、失敗はなかなかあるものではないと思う。
 制作会社はどうなるんだろうか?
 ヨドバシは裁判ざたにするのだろうか?
 いったん、元のサイトにいったん戻せばいいと思うのだが、そう思うのは僕だけなのだろうか。




                 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

米流時評 - 2008年10月31日 13:17

速報!パキスタン西部大地震詳報レポート

   ||| パキスタン・ケッタ大地震詳報 ||| パキスタン西部山地ケッタ州にM6.4強震、2千戸倒壊215名死亡 震源地は首都イスラマバードから南西へ640キロのバルチスタン パキスタン・ケッタ発 |現地時間で29日水曜未明、パキスタン南西部を強い地震が襲い、同地の...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。