スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Gビット/秒の超高速無線LANシステムを開発

 富士通,沖電気工業(OKI),国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は2008年11月4日,60GHz帯を用いた伝送速度3Gビット/秒の超高速無線LANシステムを開発し,基本動作を確認したと発表した。このシステムは,情報通信研究機構(NICT)の委託研究「超高速ギガビット無線LANの研究開発」として開発支援を受けている。

 60GHz帯は,無線局免許を必要とせず,7GHz幅という広い周波数帯域を利用できる。今回,この広い帯域を利用して3Gビット/秒という超高速伝送を可能にした。

 このシステムでは,3社のそれぞれが開発した要素技術を組み合わせることで実現している。具体的には,「60GHz帯でのOFDMを用いた変復調技術」(富士通),「時空間メディアアクセス制御技術」(OKI),「セクタ切替型アンテナ技術」(ATR),「電波のゆらぎを利用した鍵生成・共有技術」(ATR)を利用している。

 今回開発した技術では,家庭やオフィス,公衆無線LANなどの場面で,複数ユーザーに対して音楽や映像などのマルチメディア・データを送信するといった利用シーンを想定している。

 なおこの技術は,2008年11月6~7日に京都府のATRで開催する「ATR/NICTオープンハウス2008」の「超高速ギガビット無線LANの研究開発」展示ブースで公開される予定。

 やっと「光」の時代だと思ったら、また次世代の方法ですか・・・
 「3Gビット/秒という超高速伝送」どのくらい速いのだろうか、まぁネットが重くならないようになるのは大歓迎だが、金額が最初は高いんだろうな。
 はぁ、普及するのを待つか・・・




              


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。