スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制汗剤スプレーをかけすぎ心臓麻痺で死亡、イギリスの少年


 12歳の少年が、制汗剤スプレーをかけすぎたことが原因の心不全で亡くなるという悲劇が起こった。

 この少年は、ダニエル・ハーリーくん。今年1月、ダニエルくんは自宅の浴室で倒れているところを父親のロバートさんに発見され、ロバートさんが必死の蘇生措置を行った後、病院に運ばれたものの、5日後に死亡した。

 英北部ダービー在住のロバートさんの話によると、ダニエルくんは日頃から身だしなみに気をつかい、スプレー状の制汗剤「Lynx Vice」を使っていたという。

 「ダニエルはいつも髪にジェルをつけ、制汗剤をスプレーしていた。風呂のなかで倒れていたダニエルをひきあげ、心肺機能蘇生を行ったが、もう呼吸していなかった」とロバートさん。

 ダニエルくんの死は、制汗剤スプレーを大量に吸い込んだことにより、スプレー中の溶剤が心拍に異常をもたらしたのが原因と考えられている。心拍が早くなったり遅くなったりしてリズムが狂うと、心拍停止を起こし、突然死につながることもあるという。

 検死を行った病理学医のアンドリュー・ヒッチコック博士は、ダニエルくんの遺体からはアルコール、麻薬などは見つからず、持病もみあたらなかったため、スプレーを吸い込んだことが死因と考えて間違いないと断定。

 ダービーで行われた死因審問で事故死の判断を下した、検死官のロバート・ハンター博士は、「Lynx」の缶には適切な注意書きがあったことを指摘、「どれぐらいの人々がこの注意書きを読んでいるかはわからないが、これらの製品が心臓血管系に与える危険性を知る必要がある」と警告している。

 恐ろしいなこのスプレー。
 死因は「制汗剤スプレーを大量に吸い込んだことにより、スプレー中の溶剤が心拍に異常をもたらした」らしいですが、日本のメーカーの製品も大丈夫なのでしょうか?
 スプレーを吸い込んだことが死因なら、大量に吸い込めば死ぬことができるということでしょうか。
 新しい自殺の方法になりそうで地味に怖いです。
 メーカー側には、せめて、人が死なないような成分での製品開発を願いたいです。
 



              


スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 制汗剤スプレーをかけすぎ心臓麻痺で死亡、イギリスの少年 - kei - 2008年11月22日 21:27:35

海外すげー

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。