スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子レンジでYouTubeを見る?慶大生のアイデアいろいろ

   mmi_sfc_01.jpg

 モバイルSuicaで改札を通ると、自分の好きな音が流れたり、電子レンジに液晶ディスプレイを取り付けて「YouTube」を見たり――慶應義塾大学SFC研究所のイベント「SFC Open Research Forum 2008」(11月22日まで、六本木アカデミーヒルズ)で、生活をちょっと楽しくしてくれそうな学生のアイデアが展示されている。

 「オトノリ」は、着メロを設定するような感覚で、モバイルSuicaで改札を通過する際の通過音をカスタマイズするというアイデア。デモでは、モバイルSuicaをリーダーにかざすと「コケコッッコー」とにわとりの鳴き声が流れたり、あらかじめ録音した人の声が流れていた。

 開発したのは、慶大環境情報学部の六反孝幸さんと同大学院政策・メディア研究科の鈴木雅陽さん。「携帯電話はプライベートが詰まっており、自分にとってはアイデンティティーのかたまりのようなもの。モバイルSuicaでも“自分だけ”の音を流せたら楽しい」(六反さん)と考え、企画した。

    mmi_sfc_03.jpg
 
 ユーザーインタフェースを研究する安村通晃研究室(環境情報学部教授)のブースでは、液晶ディスプレイ付きのTシャツと電子レンジが展示されていた。

 「しゃべりカス」というユニークな名前が付いたTシャツで、胸の位置に液晶ディスプレイを搭載する。マイクも付いていて、自分が話した声を拾い、音声認識技術を使ってテキストに変換する仕組みを備えている。

 ディスプレイでは、そのテキストがぱらぱらと落ちて下のほうにたまっていく。自分が話している言葉から、よく使う動詞・名詞・形容詞をピックアップし、ランキングで表示することもできる。消えゆく発話を視覚化することで、コミュニケーションを活性化させるのが狙いという。

 電子レンジ「CastOven」は、ふたの前側に液晶ディスプレイを組み込み、YouTubeの動画を流れるようにしたもの。「あたため」ボタンを押すと、温め時間と同じ長さの動画が自動で流れ、待っている間も楽しめる。コンビニなどに設置するイメージだ。

 
 すげー。
 「電子レンジでYouTubeを見る」あんまり実生活には役に立ちそうにないけど、おもしろい試みだと思う。
 「改札を通過する際の通過音をカスタマイズする」この「オトノリ」というサービス、実際にサービスを展開したら大きなビジネスになるんじゃないかなぁと思う。
 これからも、遊び心を忘れずに、革新的なサービスの製作を期待したいですね。




              


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

米流時評 - 2008年11月25日 06:45

狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難

   ||| 狙撃!サーカシビリ危機一髪 ||| サーカシビリ危機一髪!グルジア難民キャンプ慰問の帰路、危うく狙撃さる 仏仲介の和平協定実効せず、南オセチア・アブハジアにロシア兵4千名駐屯 グルジア・トビリシ発 |現地時間で23日日曜夕刻、グルジアのばら革命...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。