スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不況の為、おかずを再利用しなければやっていけない」…「飲食店、残飯使い回し中止キャンペーン」の反響

 「そうでなくても不景気で商売が上手くいかないというのに、飲食店を皆殺しにするつもりか」
 「信用して食事ができるところがない。残り物を使い回す飲食店は、摘発したら即廃業させるべきだ」
ソウル市瑞草区が区内のすべての飲食店を対象に展開している「残った食材の使い回し中止キャンペーン」が報じられて以降、記者に電子メールや電話で寄せられた市民の意見は、このようにはっきりと分かれた。

 最も怒りをあらわにしたのは、1日に2回以上外食している会社員たちだった。また、外食を頻繁にする主婦たちも同様だった。

 今年第3四半期(7‐9月)の統計庁のまとめによると、1世帯当たりの1カ月の外食費の全国平均は26万1100ウォン(約1万7000円)で、家計消費支出全体の11.7%に相当する。3人家族が1回の外食で
3万ウォン(約1950円)ずつ使ったと仮定すれば、1カ月に9回近くも外食していることになる。

 一方、全国に約50万軒ある飲食店が国内の景気に与える影響を理由に挙げ、「残り物の再利用を問題にすれば外食産業全体が低迷することになり、それによって雇用も縮小することが懸念される」とする主張も一部で出ている。さらに、ある小規模な中華料理店は「家でも残ったおかずを繰り返し食べているのに、店でそうして何がいけないのか。商売が上手くいかず死にたいほどだが、こんなことではいつ自殺を決行するかも分からない」と脅しめいたメッセージを寄せた。

 もちろん、すべての飲食店が残り物を再利用しているということはないはずだ。だが、「調査の結果、区内の飲食店の約80%が残り物を再利用していた」というソウル市のある区の関係者の話は、決して楽観的な状況ではないことを示すものだ。

 残り物の再利用の禁止を面倒がる飲食店が理由に掲げる「不況」は、世界的な経済危機に端を発するものだ。この危機が経済の主体となる「信頼」の崩壊によって深刻化したということもまた広く知られている事実だ。
 
 「不況のため、おかずを再利用しなければやっていけない」という飲食店経営者らの認識が変わらなければ、再利用しているのか否かが分からない客は外食の回数を減らすしかない。食材を再利用する飲食店は、それに伴う信頼の欠如が、ブーメランのように自分たちに帰ってくるということを、じっくり考えてみるべきだ。

 うわー、韓国って国は恐ろしいですね。
 「調査の結果、区内の飲食店の約80%が残り物を再利用していた」これが事実なら、相当、韓国の外食産業は危機的状況に瀕していると思います。
 残り物を再利用してお客様に提供するなんて、まだまだ飲食店関係者の意識やレベルが低いですよね。
 日本でそんなことが発覚したら、マスコミによってすぐ報道され、その店が廃業、倒産したりすると思います。
 「家でも残ったおかずを繰り返し食べているのに、店でそうして何がいけないのか」確かに、普通の家庭での残り物の再利用なら全く構いませんが、それを店でもやろうとする経営者には呆れてしまいます。
 もう少し高い意識を持って韓国人の飲食店は経営を行うべきだと思います。




               
  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 「不況の為、おかずを再利用しなければやっていけない」…「飲食店、残飯使い回し中止キャンペーン」の反響 - - 2008年12月02日 10:21:32

鮮人は飲食業を卑賤な職と認識してるそうだから
モラルを持つのは無理だよ

トラックバック

アニメキングなブログ - 2008年12月06日 13:06

韓国の食べ物には危険がいっぱい…!

韓国でも!食用氷に大腸菌ウヨウヨ 2007/7/20 食品をめぐるインチキ、今度は韓国だ。夏に必須の食用の氷に、草などの異物が混じってい...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。