スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本テレビ、来季の読売戦地上波中継を今季の半分程度に減らす方向で調整・・・視聴率3年連続1桁台


 日本テレビは来季の巨人戦の地上波中継を今季の42試合から半分程度に減らす方向で調整していることが9日、分かった。最終判断は年明けになる見通しだが、リーグ連覇を果たしても、Gブランドの復活にはまだ時間がかかりそうだ。

 広告関係者は「この不況下。視聴率がもう少し上がらなければ、スポンサーは納得しません。来年の巨人戦は20試合程度に減少すると聞いています」と明かす。

 日テレが中継した地上波の巨人戦(レギュラーシーズン)の平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。3年連続で1ケタ台に終わった。ゴールデンタイムでは、番組打ち切りになるとされる数字。日テレは景気悪化による広告収入の減少なども来季の巨人戦中継数に影響を与えそうだ。

 巨人側とも交渉するため、正式決定は来年以降になるが、今のところ視聴率が急に回復する要素はない。同社の久保伸太郎社長(64)も1日の定例会見で、視聴率を稼げるスターの誕生を熱望。ドラフト1位ルーキーの大田泰示内野手ついて「大事に育てると聞いていますが、ファンからするとONのように1年目から鮮烈な活躍をしてもらいたい」と発言した。

 ゴルフ界では石川遼の出現で、7日に日テレが中継した「日本シリーズJTカップ」最終日の平均視聴率は、今季の国内男子ツアー最高の14.6%を記録した。石川とまではいわないまでも、巨人でも若手の中からスターが登場しない限り、巨人戦の中継数は減少の一途となりそう。

 どうしても巨人戦を見たいファンは当面、CS放送の「日テレG+(ジータス)」に加入するしかないようだ。

 野球はほんとに数字が獲れませんよね・・・
 まあ、巨人戦の地上波放送を減らされるのもしょうがないのでしょうか。
 テレビ局も、急激な景気後退から、スポットやタイムの広告収入が10%以上も落ち込むという厳しい状態です。
 さらに、テレビ局の経営を悪化させたのは深刻な「テレビ離れ」そして「民放離れ」です。
 テレビの視聴率もだいぶ落ち込んでいますが、今年は、NHKが高視聴率を獲得したことから、広告収入は落ち込んでいます。
 特に深刻なのがTBSですかね。新しく始めたニュース・ドキュメンタリー系の番組が低視聴率にあえいでいます。さらに日本テレビも野球・ドラマ番組の苦戦から厳しい状態に追い詰められています。
 その一方、深夜番組・バラエティ・ニュース番組に強いテレビ朝日やフジテレビも比較的数字は取れていますが、広告収入は伸び悩んでいます。
 映画の収入もありますが、やはり本業の広告収入の落ち込みをカバー仕切れていませんし、少し不安定要素の大きすぎる事業で映画への過度な期待はやめたほうがよいと思います。
 広告収入が不振の中、日本のテレビ業界復活の鍵はどこにあるのでしょうか。



               


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。