スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアさんが聖夜に男児出産、イエスと命名

2077143795_55135bae2b_convert_20081228162444.jpg

処女マリアがクリスマスに男の子を出産し、その子をイエスと名づけた──。そんな新約聖書の出来事が再来した、とペルーの国営通信が26日報じた。

 この女性はペルー人のビルヘン(処女)・マリーア・ウアルカヤさん(20)。一方、夫のアドルフォ・ホルヘ・ウアマニさん(24)は大工で、新約聖書に登場するマリアの夫ヨゼフと同じ職業だ。

 赤ちゃんは3500グラムで25日未明に誕生。本名は「ヘスス(イエス)・エマニュエル(神ともにいますの意)」と名づけられた。

 父親のアドルフォさんは「数日前まで有名なサッカー選手の名前にしようと思っていた。うれしい偶然が続いたので結局(ヘススに)決めた」と話した。

 こんな偶然もあるんですね。
 まったく一緒って言うのもなんか気持ち悪いですけどね・・・



                 

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

米流時評 - 2009年01月04日 14:46

号外!ついにガザ地上侵攻開始!イスラエル恐怖の市街戦へ突入

 ||| ついにガザ地上侵攻開始! ||| イスラエルついに地上侵攻開始、封鎖状態の人口密集地ガザに戦車隊列から砲撃 米国東部時間2009年1月3日午後2時 | AP 通信・ガザ現地速報 | 訳『米流時評』ysbee 【臨時ニュース】ガザシティ発 |3日土曜夜、イスラエ...

米流時評 - 2009年01月06日 00:17

現地速報・ガザの死闘で長期戦を覚悟するイスラエル

  ||| イスラエルのガザ地上侵攻・続編 ||| ガザ死守を誓うハマスにイスラエルは長期戦を覚悟、難航する中東和平外交 『米流時評』07年6/19号「ガザの悲劇・4千年の民族抗争」より イスラエルとガザの抗争を理解するために一部抜粋して掲載イスラエル建国とパレ...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。