スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元証券マン、芸術家に「転職」し成功

            E1231914474844_1_s.jpg

 金融不安で業界に見切りをつけた元証券マンがアーティストに「転職」し成功を収めている。

 2007年、米証券大手メリルリンチで働いていたナセル・アザム氏(45)は、離婚の痛手からの気分転換などから余暇の時間に絵を描いていた。

 金融市場に暗雲が立ち込め始めたのをきっかけにアザム氏は証券会社を退職、アーティストになることを決意した。パキスタン出身のアザム氏は、ロイターに対し、金融市場の混乱は、芸術への「転職」を決意しやすかったと語った。

 アザム氏は昨年、ロシアの宇宙当局協力の下、無重力状態で放物飛行する航空機に搭乗し絵を描く体験をした。今週ロンドンで「Life in Space(宇宙での生活)」と題される個展が開催される。

 アーティストとしてのアザム氏は、幸先の良いスタートを切った。2カ月前、ニューヨークで行われた現代アートの競売で、同氏の作品「Homage to Francis Bacon: Triptych I」は、33万2500ドル(約2970万円)と、世界的に美術関連の価格が下落傾向にある中、予想された最高落札価格を大幅に上回る価格で落札された。

 芸術のことはさっぱりわかりませんが、すごいですね・・・
 一枚の作品が2970万円、証券マンの給料も高いと思いますが、結構うまくいってるのではないでしょうか。
 しかし、クビになった人や退職した人が全員、芸術家にはなれないので、この人にはもともと優れた才能があったんだろうと思います。
 まぁ、証券マンだけに高値で売るのは上手かも知れませんね。


              

 

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。