スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思ったより「軽い」?Windows 7 β1を低スペックPCに入れてみた

 Windows 7 β1のダウンロード公開が始まったので、2004年発売のモバイルノートPCにインストールしてみた。Windows Vistaの印象から「低スペックノートでは動かないのでは」と心配したがストレスなく動き、「意外と軽い」というのが第一印象だ。

 インストールしたPCは、B5モバイルノート、東芝「dynabook SS SX LNKW」。CPUは超低電圧版Pentium M 733(1.1GHz)、メモリは768Mバイト(デフォルトの256Mバイトに512Mバイトをプラス)、HDDは40Gバイト。記者が2年前まで使い込み、キーボードなどが壊れてしまった“使い古し”だ。

 Windows 7の推奨スペックは、CPUが1GHz以上、メモリが1Gバイト以上、HDDが16Gバイト以上の空き容量となっている。このPCはCPUもギリギリでメモリが足りず、HDDの空き容量も不十分だったが、一部使えない機能があるほかは特に問題なく動作した。

 インストールしたβ1(ビルド7000)は開発中のバージョンであり、今後、仕様などが変更される場合があるのを前提に、新OSの世界を駆け足で巡ってみた。

 インストール画面 Windows 7は、マイクロソフトのページから日本語版をダウンロードできる。ページの下部にある「32ビット」「64ビット」のプルダウンメニューから言語を選んでダウンロードする。記者の場合は32ビットのプルダウンから「日本語」を選択。「Windows Live ID」でサインするとダウンロードページにアクセスできる。

 ダウンロードファイルは約2.5Gバイトと大きいが、記者の自宅のFTTH環境なら1時間強でダウンロードできた。ファイルはISOイメージなので、DVDに焼くか仮想ドライブを作成する必要がある。記者はフリーソフト「CD Burner XP」でDVDに焼き、PCをDVDからブートしてインストールした。インストールも約1時間で問題なく終了した。

 l_yuo_w7_02_convert_20090117195829.jpg

 電源オフから起動すると、黒バックにWindowsのロゴが光る。起動時間は1分強で、遅いとは感じなかった。スリープからの復帰は30秒弱。推奨スペック未満のPCで動かしていることを差し引いて考えれば十分なスピードかもしれない。

 デフォルトのデスクトップ画面は真っ青。青い水のようなイメージの画像に、熱帯魚のベタが泳いでる。「ごみ箱」と「フィードバックの送信」用アイコンだけが表示されたシンプルな画面だ。

 l_yuo_w7_03_convert_20090117200022.jpg
 IE 8がインストールされており、タブブラウジングやクイック検索機能などを利用できる。Firefox 3やOperaもインストールしてみたが、問題なく動作した。

 Skypeもインストールしてみた。互換性に関する注意書きが表示され、動作が若干不安定なものの利用はOK。記者が普段使っているキャプチャソフトなどのフリーソフトも問題なく利用できた。もちろんそれぞれサポート対象外なので、現状では自己責任で使う必要がある。

  l_yuo_w7_05_convert_20090117200755.jpgl_yuo_w7_10_convert_20090117200816.jpg


 低スペックマシンで3時間ほど試用してみた感想は、「意外と快適」だ。複数のアプリケーションを同時起動しても、突然フリーズしたり、動作が遅くなったりといったことは一度もなかった。
 記者は普段はWindows XPを使っているため、ユーザーインタフェースは見慣れないものだったが、使い方に迷うこともあまりなかった。意外なほど気持ちよく利用できるというのが第一印象だ。

 「Windows 7 β1」のダウンロード公開が始まりました。
 自分はXPユーザーでvistaへの乗り換えも検討しましたが、評判が良くないことや、まだ、大丈夫だろうなと思い、乗り替えを行いませんでした。
 Windows 7では、「vista」のさまざまな弱点が改善されるようなので、個人的に注目しています。
 
 プログラマーのJoel Spolsky氏は「vista」に対して多くの批判を浴びる対象となっている、シャットダウンボタンについて次のように述べている。

 コンピュータの前から離れる場合には、毎回9つの選択肢--そう、数えてみて欲しい--2つのアイコンと7つのメニュー項目という9つの選択肢から選択を行わなければならないのだ。・・・あなたはこういった選択肢それぞれが実際に絶対必要となる知性的かつ説得力のある理由を考えようとするはずだ。しかし、そんなことをする必要はない。私だって判っているのだ。あなたのおじさんにノートPCを終了させる15種類の方法の違いを説明しようとしてみれば、こういった余計な選択肢の持つ本当の無意味さが理解できるはずだ。

 そうした批判を受けてか、Windows 7では分かりにくいアイコンは姿を消し、テキスト表示となっているようだ。

 以下の次のことをWindows 7では改善するようだ。
 ・面倒なウィンドウの整列
 ・気に触るUAC(User Account Control)
 ・超ミニマリスト向けデフラグユーティリティ
 ・お仕着せのバックアッププログラム
 ・面倒なプレビュー

 さまざまな改善がWindows 7で行われているようです。
 少しだけ期待したいですね。関連情報・Windows 7で改善されるVistaの6つの弱点


             
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 思ったより「軽い」?Windows 7 β1を低スペックPCに入れてみた - 名無しさん@お腹いっぱい。 - 2009年01月18日 09:59:57

PenMが低スペックになる時代か…
さすがにi486とか言い出さないけど、
Pen4でもないのに、1GHz超えが低スペックといわれると違和感あるなぁ。
XPの出始めだと300MHzぐらいでも使い物になったからなおさら。
使い比べると実際にストレス溜まる速度だからただの懐古だけど。

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。