スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「釣られた!」ペロシ下院議長がYouTubeユーザーを釣る

 

 TechCrunch Japan によると、アメリカ下院議長であるナンシー・ペロシは、自身の公式 YouTubeチャンネルに 2 匹の飼い猫のビデオを掲載し、開始 37 秒の位置で視聴者を「リックロール」していた。

 また、元記事を書いた Michael Arrington はその記事の最後で「追伸:RIAA (全米レコード協会) はどこへ行った、肝心なときに。どこかの誰かがあの曲の著作権を持っているはずだ。Pelosi を訴えることを私は許す。」と書いている。

 リックロールというのは「釣り動画」ぐらいの意味らしく、日本で言えば「開いてみたらガチムチパンツレスリングだった」みたいなものか。著作権な問題と、公職にある人の行為である点を除けば (除いていいのか) 、なぜ Michael Arrington がそこまで激昂しているのかが分からなかったのだが、この人物が 3 位に位置するアメリカ大統領候補であるということで、お怒りもごもっともなのかも。YouTube に投稿された動画は現在コメント欄が荒れ放題で、およそ 4,000 件に上るコメントがつけられている。

 動画を見て見ましたが、かわいい猫が出てきて、いきなり誰かが歌い始めたということは理解できましたが、「釣られた!」ということまではよくわかりませんでした。
 
 少し調べてみたところ、リックロールというのは、英語圏の画像掲示板4chanにおいて、「エロ動画のリンク先」などと称して別の動画にアクセスさせる、いわゆる「釣り」行為が多発していた。釣り動画はduckrollと呼ばれる、車輪の付いたアヒルのおもちゃの動画が定番となっていたが、2007年5月、いつものduckrollの代わりにリック・アストリーの「Never Gonna Give You Up」のミュージックビデオへのリンクが張られたのがそもそもの発端であるようです。

 では、なぜ「Never Gonna Give You Up」のミュージックビデオを「釣り動画」に利用したのかと言うと、「Never Gonna Give You Up」は1980年代後半に世界的にヒットした楽曲だが、今となっては余りにもダサい映像が英語圏のネット利用者に衝撃を与え、釣りリンクを踏んだ人たちは動画サイトのコメント欄に「リックロールされた」(Rickrolled )などと書き込んだことから始まったようです。

 英語はそんなに得意じゃないのですが、ちょっとコメント欄を見てみたところ、ものすごく怒っていた人がいたのが印象的でした。
 まぁ、猫がかわいいとか、いろいろ解説してる人もいましたが単なる釣り動画というよりは、もう少し意味を持っているのかなと思いました。


             


  


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

米流時評 - 2009年01月19日 17:04

イスラエル軍ガザの国連本部を爆撃、支援物資全焼

  ||| イスラエル、国連のガザ本部を爆撃 |||   イスラエル軍ガザの国連支部を爆撃、ガザ市民への食糧・支援物資を全焼   幼児含め6名死亡。エジプトとの国境ラファーの国連学校へ白リン弾投下 エントリーが3日分ほどたまっております。オバマのスマート外...

米流時評 - 2009年01月20日 22:59

勝者なき闘い・ガザの終りとオバマの始まり

    ||| 勝者なき闘い・ガザ戦争 ||| イスラエルもハマスも勝利を宣言する、中東の終わりなき民族抗争 明日に迫ったオバマ新大統領就任式と、ガザ戦争終結との因果関係 アメリカは国を挙げて、オバマ新大統領誕生の瞬間を待っている。2年間の長い長い大統領選...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。