スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパンション・ジャパン破たん、負債総額は今年2番目


 帝国データバンクによると、フラッシュメモリメーカー米Spansion日本法人Spansion Japanが2月10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。負債総額は約741億円。製造業としては今年最大規模の倒産という。

 1993年4月、富士通と米AMDの出資で設立。03年7月、両社合弁で設立した米Spansionの子会社となった。

 携帯電話やデジタル家電向けフラッシュメモリを製造。06年12月期通期の売上高は約1797億3500万円に達した。

 だが工場拡張のための設備投資や研究開発費がかさみ、グループ全体の採算が悪化。人員削減や設備投資の抑制なども奏功せず、世界的な不況も重なってさらに業績が悪化した。

 負債総額は、2月に会社更正法を適用した日本綜合地所(負債1975億4900万円)に次いで今年2番目に大きい。

 米NASDAQに上場しているSpansionは、従来通り営業を続けている。グループ全体の従業員は約9500人。

 びっくりですね・・・
 スパンション・ジャパンは日本の唯一の生産拠点を福島・会津若松市に構えているのですが、会津は自分の地元のため、今後どうなるのか心配です。
 会津若松市は意外にも工業が盛んな街です。
 特に、半導体産業の生産額が市全体の製造品出荷額の50%を超え、「半導体城下町」と呼ばれることもあるみたいです。
 先月にも、同じく会津若松市に工場を設けている、「富士通マイクロエレクトロニクス」も従業員約2000人の従業員再配置を行うと発表していて、今回の件と合わせて、福島県全体に大きな衝撃を与えています。
 また、今後は、「営業は継続し、今後の対応を検討中。現在、同業の他メーカー数社と売却を含めて交渉中」と言うようなので、今後の推移を慎重に見守って行きたいと思っています。


            
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。