スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん『マンガでソマリア海賊問題』

090214_convert_20090215131632.jpg

 いまだに国内でも正しい認識が得られていない今回のソマリア派遣問題ですが、『ぴくせる☆まりたん』では緊急特別企画として今回のソマリア問題を徹底分析しちゃおうと思います!

 2月27日発売号の月刊アームズマガジンでは―『海上自衛隊 立入検査隊ってナンだろう?(仮)』と題して海上臨検の主役、立入検査隊をイラストで解説!(通常の英会話コミックはお休みです)

 そしてご覧のWEBサイトでは―『マンガでわかるソマリア海賊問題(仮)』と題してソマリア問題を扱ったWEBコミックを短期集中連載いたします!なぜ海上自衛隊が派遣されるのか?

 海上保安庁ではいけないのか?運用や武装面、そして派遣の根拠法規まで問題点を整理していきたいと考えています。連載は2月14日よりスタート予定です!ご期待ください!


WEBサイト・魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん公式サイト
ソース:まりたん日記

 現在、国際的な問題になりつつある、ソマリア海賊問題。
 先日、対策として、米国を中心とした有志連合軍やEU(欧州連合)軍、日本など24カ国が「海賊対策地域調整センター」を設置し、国際社会が一体となって連携することが発表されましたが、一方日本では、ソマリア海賊問題をマンガでわかりやすく解説することがスタートするようです。
 ソマリア海賊問題といえば、民主党の平田議員が「海賊は漫画で見たことあるがイメージがわかない。日本の船舶が襲撃を受けて被害を受けた事があったのか」などと言う驚きの発言から、民主党の政権担当能力を疑う声も上がりましたが、民主党の議員の方々もこのマンガを見て、よく勉強してもらいたいものです。

関連記事・海賊・誘拐がソマリアの主要産業に、「儲け」はすでに30億円
関連記事・「音」で海賊を撃退!!

 

                



 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん『マンガでソマリア海賊問題』 - ejnews - 2009年02月16日 12:16:32

英語日本語ニュースのejnewsです。初めてお邪魔すると思います。ソマリアの海賊問題は、一度此方のラジオで聞いた情報ですが、ソマリア沖にイタリアのゴミ廃棄業者が(恐らくマフィアが関係しているだろうとの話です)ゴミの投棄を始め(核物質の廃棄もされたそうです。)結果多くのソマリア人が病気になり、加えてアジア諸国からの遠洋漁業船団が漁場を荒らし、漁業で生計を立てていたソマリア人は生活の術を失い、困窮の末海賊行為に走っているとの説明でした。ソマリアの内戦で政府が機能していないので外国の違法行為にも法的、軍事的対応が出来ないと言う事で、ソマリア人の70%以上は海賊をロビンフッドの様に見ているとの事でした。日本でもこの様な報道されているのでしょうか?
 どちらにしても、海軍等派遣するよりも経済、技術的援助の方が安上りで死傷者も出る可能性も無く又ソマリアの長期的安定化に貢献出来ると私は思います。何時までも軍事力を派遣し続けるには日本の経済的負担も多く今の不況時には日本人納税者も馬鹿にした政策ではないのかと思います。(個人的な意見です。)

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。