スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神ファン「嫌な事件だったね…。両足首と左手が、まだ見つかってないんだって…?」

       20090311-00000553-san-base-view-000.jpg

 リーグ優勝の熱狂の中で、阪神タイガースファンによって大阪・ミナミの戎橋から道頓堀川へ投げ込まれ、10日、24年ぶりに上半身が見つかったカーネル・サンダース人形の下半身の“捜索”が11日も行われた。

 大阪市による作業は午前9時前にスタート。上半身が沈んでいた戎橋の西約200メートル周辺にダイバーが潜ると、間もなく、下半身と右手が見つかり、引き揚げられた。

 下半身は両足とも靴がなくなっていた。眼鏡や左手も行方不明のままだ。同市は、これまでも何度か、川底の清掃をしていたが、今回は遊歩道整備工事に備え、不発弾の有無を徹底的に調べたことが、発見につながった。ただ、残りのパーツは小さく「発見は困難」として捜索を打ち切った。

 一方、今後の人形の「身の振り方」には早くも、様々な提案が飛び出している。

 かつて、人形は道頓堀でレストラン「大阪名物くいだおれ」(昨年閉店)の「くいだおれ太郎」と向き合っていたことから、日本ケンタッキー・フライド・チキン(東京)は「太郎との再会など、大阪の活性化に一役買わせたい」とする。

 その言葉に、呼応するように、太郎側も「見付かってわてもホッとしてますねん」とのコメントを出した。

 阪神タイガースの南信男球団社長は「(来年球場の外野スタンドに新設される)『甲子園歴史館(仮称)』で展示することも検討したい」と言い、真弓明信監督も「阪神が日本一になっていないのを、“呪(のろ)い”だけの責任にはできないが、これだけ話題になるんだから、人形は甲子園に持って来てもらわなアカンでしょう」。

 ただ、そもそも、人形は誰のものなのか。

 大阪府警によると、河川の管理権に基づき、現段階では所有権は大阪市にある。しかし、同市は、この日、拾得物として南署に届けるという。その場合、ケンタッキー側が受け取りにくれば、引き渡される見通しだ。

阪神が21年ぶりのリーグVを決めた伝説の一夜は85年10月16日。繁華街・ミナミの道頓堀川では夜中まで、熱烈なファンが優勝を祝って戎橋から次々と飛び込んだ。そばにはケンタッキー・フライド・チキン道頓堀店(現在は閉店)があった。同チェーンの創始者カーネル・サンダースの人形を同年のMVPに輝いた“史上最強の助っ人”ランディ・バース氏にみたてたファンが胴上げし「バースや、バースのおかげや」と勢い余って川に投げ込んだとされる。

 その年、阪神は日本一になったものの、人形は発見されず、チームも翌年から長く低迷。ファンの間では「カーネル・サンダースの呪いでは…」とささやかれるようになり、地元テレビ局が番組企画で捜したこともあったが、ヘドロが濃く見つからなかった。阪神は03年に18年ぶりにセ・リーグを制し、05年にもリーグ優勝したものの日本一にはなれず、呪いは続いているという声が多い。

 ソース・Yahoo!ニュース
 ソース・Sponichi Annex
 ソース・2ちゃんねる
 

 24年ぶりに見つかるなんてすごいですね・・・
 今回見つかった理由は、大阪市が遊歩道整備工事に備え、不発弾の有無を徹底的に調べたことが、発見につながったようです。
 さて、見つかったカーネル・サンダースの人形、早くも行く先がどうなるのか熱い視線が注がれていますが、この状態のままなのでしょうか、それともペンキや塗料で見た目を良くしてから展示するのか、どちらなのでしょうか?
 これでのろいが解ければ、阪神ファンの人たちにとってはうれしいと思いますが、逆に、すべてのパーツが見つからないと、また、新しい都市伝説ができてしまうのではないか、と思っています。
 今後の展開が気になりますね。


            
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2009年03月12日 20:42:15

バースって誰やねん

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。