スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広がる「ご当地マンガ」東北は戦い、四国は郷土、中国は少女マンガ

 0102.png
 
 マンガの舞台は時にファンの“聖地”となる。それらはしばしば地方色豊かだ。特に近年、作家の身の回りの出来事を描いた「エッセーマンガ」の人気で、ご当地色は強まっている。「地方マンガ」「ご当地マンガ」は、その多様さによって、描かれた地域や時代をリアルに映し出している。

 「らき☆すた」現象は一昨年、始まった。埼玉県出身の美水(よしみず)かがみさんが、女子高生のゆるい日常を描いた作品で、その舞台のモデルとなった、埼玉県鷲宮町の神社に多くのファンが訪れるようになった。

 そんな現象をきっかけに、さいたま文学館(埼玉県桶川市)が15日まで企画展「マンガ聖地巡礼inサイタマ☆」を開いている。『エースをねらえ!』(山本鈴美香)、『行け!稲中卓球部』(古谷実)、『おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ)。埼玉県が舞台やモデルになった人気マンガ17作品を集めた。

 白井哲哉・主任学芸員の分析では、埼玉マンガは大きく分けて「スポーツの県南部」と「ほのぼのギャグの県東部」。時間軸では70年代からの南部(さいたま市など)→90年代以降の東部(春日部市など)の順で、宅地開発の流れと並行するという。90年代に入ると『クレヨンしんちゃん』(臼井儀人)など作品が急増。埼玉は「典型的な郊外の日常」として描かれる。

 地方マンガのムーブメントが、全国的に起きたのは70年代らしい。『土佐の一本釣り』(青柳裕介)や、『博多っ子純情』(長谷川法世)などが現れ、方言をはじめ、個性豊かな地方色がふんだんに使われた。さらに90年代以降に増えた身辺雑記風の「エッセーマンガ」では、いきおい地方色がにじみ出る。例えば『とりぱん』(とりのなん子)は、庭に来る鳥たちを主役に、北国の暮らしを描いている。

 それらの特徴について、京都国際マンガミュージアムの吉村和真・研究統括室長は「自分に縁のない土地でも小旅行気分を味わえたり、『どこでもあてはまる日常』だったり。地域を具体的に描く作品には、作者自身の愛着や発見が強く反映されており、物語のリアリティーを高めている」と話す。

 昨年出版された『このマンガがすごい! SIDE―B』(宝島社)の中で、筆者の一人、渡辺水央(みずお)さんは全国の「ご当地マンガ」を分析した。それによると――。

 東北は「戦い」。霊能力者、剣道、演歌などモチーフは様々ながら、他者や自己と戦う物語が多い。四国は「屈折も含め、郷土愛が濃い」。代表は『土佐の一本釣り』などの青柳裕介。西原理恵子も高知弁の作品を描く。

 「少女マンガの聖地」とされるのが、中国地方。全編山口弁でキラキラした恋と青春を描いた『瞬きもせず』(紡木たく)。映像化された『天然コケッコー』(くらもちふさこ)と『砂時計』(芦原妃名子)は島根がモデルだ。

 ご当地マンガの魅力を、渡辺さんは「行動範囲や人間関係に制約のある地方こそ濃厚なドラマが描ける。読者が『あるある』と思う普遍性が生まれやすい」とみている。

 ソース・asahi.com
 ソース・マンガナビ

 「らき☆すた」は本当に成功例でしたよね。
 ファンが聖地巡礼しましたし、だいぶ地元にもお金が落ちたのではないでしょうか。
 「らき☆すた」の舞台でもある埼玉県、その影響を受けたかは定かでありませんが、さいたま文学館が企画展「マンガ聖地巡礼inサイタマ☆」を開いているようです。
 それにしても、埼玉が舞台のマンガって多いんですね、始めて知りました。
 架空の都市や街、魔法の国、あるいは過去の世界や、未来などいろいろな場所を舞台にできるマンガですが、その中でも、地元を舞台にしたマンガは、一味違った、リアリティや面白味があるのではないでしょうか。
 また、地元を舞台にしたマンガで、近年増えているケースは、その町とタッグを組んで、グッズの販売などをおこなったりすることです。
 そのおかげで、活性化に成功した例もありますが、こういう手法が最近増えているので、単なるコラボにとどまらないあらたな発想やアイディアが求められると思います。

 関連記事・萌え米「東方あきた小町」が誕生、「第6回博麗神社例大祭」にて発売
 関連記事・タイのアキバは不発?



        
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 広がる「ご当地マンガ」東北は戦い、四国は郷土、中国は少女マンガ - VIPPERな名無しさん - 2009年03月13日 19:56:50

四国・・・というか徳島出身の声優は、なぜか地元を推したがる。

トラックバック

米流時評 - 2009年03月13日 08:14

シティバンク危機脱出!連邦政府のゾンビ蘇生術成功か?

  ||| ブライトライズ・ビッグシティ 後編 |||  シティバンク危機脱出! ゾンビ銀行への財政注入金と、連邦政府の介入  米国経済氷河期に雪解けか、シティバンク黒字決算で急騰したウォール街 昨年秋から「ウォール街暴落」「金融資本主義の破綻」「グローバ

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。