スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「萌えっ子フリーきっぷ」登場、日本海ふさふさ街道を旅する

        free01.gif
        free02.gif

 平素は当社のバス事業に対し、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 このたび、2009年(平成21年)5月1日より、北海道増毛町~留萌市~豊富町間の
 当社指定バス路線が乗り放題となる、フリーきっぷを発売いたしますのでご案内いたします。

■きっぷ名
「萌えっ子フリーきっぷ」
-増毛☆豊富 日本海ふさふさ街道-

■発売期間/有効期間:2009年5月1日(金)~2010年4月30日(金)

■運賃
1日券:2,300円(使用当日のみ有効)
2日券:3,200円(使用開始日より連続する2日間有効)

■きっぷのデザイン
1日券には沿岸バスの停留所(丸板)を持ったバスガイドを、2日券には豊富牛乳の
ブランドで知られる豊富町の牧場の娘をあしらいました。デザインはイラストレーターの
佐倉はなつみさんが担当しました。(試作につき、細部を変更する場合があります)

■窓口販売
2009年(平成21年)5月1日午前9時より下記窓口にて発売します。
各窓口とも先着20名様に当社オリジナルの「萌えっ子バッジ」をプレゼントします。
 
■きっぷの効力
フリーエリア内の沿岸バス(指定路線)が乗り放題となります。
降車のつど、乗務員にきっぷをご提示ください。
なお、ご使用にあたっては表面の使用開始日に日付を記入願います。

■特典
「萌えっ子フリーきっぷ」の使用期間(1日券は当日、2日券は連続する2日間)内に限り、沿線の提携先で割引など各種サービスを受けることができます。

■遠隔地のお客様へ
原則として窓口販売のみの扱いですが、ご希望の方には郵送サービスも承ります。
2009年4月1日受付、予約成立順に5月1日以降にお届けします。
(送料は別途500円、20枚を超える場合は割増となる場合があります)

 ソース・沿岸バス株式会社

 最近、この手のコラボが本当に多いと思う。
 今回この企画をしたのは北海道のバス会社、地方に人を呼ぶことによって、お金を街に落としてもらい、「萌え」を利用して、地元の活性化を狙っているのだろう。
 たぶん、北海道の増毛町や留萌市、豊富町などの自治体にとっては町おこしの一環として期待していると思う。
 まぁ、「萌えっ子」というだけあって、結構キャラクターも可愛らしく作ってあるので、今後の展開によっては大ヒットの可能性も十分見込めると思います。
 いままでは、この手の「萌え」コラボは、お米やお菓子、カレー、焼酎などといった、食品との連携が多かったのですが、今後はさらにその幅が増えるかも知れませんね。

関連記事・かわいく「萌え系」キャラで神頼み、日光二荒山神社
関連記事・萌え米「東方あきた小町」が誕生、「第6回博麗神社例大祭」にて発売
関連記事・広がる「ご当地マンガ」東北は戦い、四国は郷土、中国は少女マンガ




スポンサーサイト

この記事へのコメント

-   - 2009年04月04日 11:15:42

ここのバス会社は昔からこうだったんだがな。
今に始まったわけじゃない。

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。