スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流「我家にどうして来たの」は「嫌われマツコの一生」のパクリ?

 31日午後ソウル明洞ロッテシネマアベニューエルで開かれた映画『我家にどうして来たの』(監督ファン・スア/制作オゴストフィルム)のマスコミ試写会で、ファン・スア監督が演出過程を明らかにした。 
 
 同映画は、一人の男を7年間片思いして追いかけるイ・スガンといつも自殺しようとする男の奇妙な同居ストーリーを描いたロマンス物だ。

 社会的適応力が不足した1人の女性の長い期間の愛を描いた今回の作品が、日本映画『嫌われマツコの一生』と似ているという質問に、ファン監督は「最初から違う」と答えた。

 ファン監督は「そのような話は前から言われたが、別の話だ。スガンというキャラクターのために、似ているように見えるかもしれない。情操的に似た部分があるという指摘は同意するが、最初から違うので、全く参考にすることもなかった」と話した。

 ヒロイン・スガンがインド系混血という設定に対して、ファン監督は「カン・ヘジョンを念頭に置いてシナリオを書いたためだ。単にウィットでもあるが、アイデンティティに対する話でもある。キャスティング以前からあった設定だ」と話した。

 カン・ヘジョンとパク・ヒスンが主役を演じた映画『我家にどうして来たの』は、4月9日公開予定。

   ソース・サーチナ

 監督は一応否定しているみたいなので、この記事がこの映画を「パクリ」というのも、詳しくは良くわかりませんが、「似ている」ところもあるみたいですね。
 まぁ、韓国は日本のお菓子とか、いろいろと日本の物を真似しているようなので、今回もそのひとつなのかも知れませんね。
 日本が嫌いなくせに、日本の真似をする「韓国」、不思議な国ですね。

関連記事・韓国「日本と中国の歴史、領土歪曲が深刻」世界に韓国を広報
関連記事・「教科書の日本海を消して東海に」韓国が援助をするラオス政府に
関連記事・「東海」表記を撤回、韓国「あらゆる方法を動員して是正させる」と表明
関連記事・韓国・済州島は日本の領土?、CIAの最新報告から出た物議




スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2009年04月02日 22:31:52

宣伝?

トラックバック

米流時評 - 2009年04月02日 19:41

G20イブ・サミット開幕前夜の超人オバマ

  ||| G-20 ロンドンサミット開幕前夜 |||  世界経済危機からの再生を目指し、オバマ大統領就任後、初の国際首脳会議へ  ブラウン首相、メドベージェフ大統領、胡錦濤総書記、エリザベス女王と会見 ワシントン政界の裏表に精通する政治評論家で、ニューズウィ

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。