スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦戦のiPhoneに“包囲網”

              
         yuo_siphone.jpg
 パソコンの機能を取り込んだ高性能携帯端末「スマートフォン」市場で、“四つ巴”の決戦が幕を開ける。7月に米アップルの「iPhone(アイフォーン)3G」を国内で発売したソフトバンクに対抗し、NTTドコモは9月末に新機種発売を、KDDIは週内に新規参入を発表する予定だ。イー・モバイルも9日に新機種を発表し、包囲網が形成された。対するソフトバンクは苦戦するアイフォーンのテコ入れを図るため、ドコモの牙城(がじょう)である法人市場の切り崩しに乗り出す構えだ。

 ドコモが投入するのは、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)による「ブラックベリー」シリーズの最新機種「ボールド」。ブラックベリーはビジネスでの実用性が高く、北米スマートフォン市場で首位の人気ブランドだ。

  実際の発売は今年度末とみられるが、アイフォーンが日本市場で伸び悩んでいるのを好機ととらえ、発表の前倒しを準備してきた。アイフォーンのPRに飛び回るソフトバンクの孫正義社長に対抗し、ドコモの山田隆持社長が陣頭指揮をとる構えで、異例のトップセールス合戦となりそうだ。

 唯一スマートフォンを販売していなかったKDDIが投入するのは、台湾のHTCが6月に発売した「タッチ プロ」。キーボードを備えた最新機種で、個人にも法人にも売り込む。

 イー・モバイルが10月上旬に投入するのは、HTCが5月に発表した「タッチ ダイヤモンド」。タッチパネルで操作する軽量モデルで、機能や斬新なデザインはアイフォーンの強力なライバルとなりそうだ。

 アイフォーンは世界中の技術者がソフトウエアを自由に開発し、ネット上のアップルの店舗を通じて公開・販売できる仕組みが特徴。ソフトバンクはビジネス用ソフトの開発を促し、法人顧客獲得に結びつける戦略を描いている。産経新聞より

 携帯業界が暑い。もともと競争は激しかったが、さらに増してきた。いままでは個人のユーザーを対象とした競争が激しかったが、今後は法人に競争の軸を移していくみたいだ。
 法人でも圧倒的なシェアを誇るドコモ。そこに襲い掛かるのは、ソフトバンクやエーユーなのだが、ソフトバンクのアイフォーンが苦戦していることで、ドコモの優勢がはっきりとしてきた。
 そのドコモはアイフォーンと同じカテゴリの携帯、「ブラックベリー」を投入するらしく、エーユーやイー・モバイルも市場への参入を固めている。果たして、ドコモの牙城を切りくずすことはできるのだろうか、注目だ。

                 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。