スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバゲー世界展開開始、英語圏向け「MobaMingle」で


 ディー・エヌ・エー(DeNA)は9月16日、米国子会社DeNA Global(カリフォルニア州)が、携帯電話用の英語版SNS「MobaMingle」(モバミングル)β版を、北米など英語圏向けに開始したと発表した。

 米国、英国、フランス、ドイツなど70カ国で利用できるサービスで、アバター、プロフィール、ミニメール、サークル、日記、小説などモバゲータウンと同様のコミュニケーション機能を備えた。ゲーム機能はない。

 モバゲータウンと同様、広告モデルで運営する計画。広告クリックなどで仮想通貨「モバゴールド」が手に入る仕組みを近日中に実装する予定だ。

 MobaMingleは、モバゲータウンの「moba」と、交わるという意味を持つ「mingle」を合わせて名付けた。

 国内SNSの世界展開では、ミクシィが中国に子会社を設立し、6月からPC向けSNSの試験サービスを開始している。         ソース;ITmedia

 モバゲーは高校生などを中心に会員を増やしているソーシャル・ネットワーキング・サービスの一種だが、会員数は1000万人を突破したところから伸びが鈍化し始めていた。
 そのための国際展開なのだろうか、今回の動きは新たな収益の柱を増やすためだろう。
 それにしても、最初の進出先がいきなり北米。そのあとにヨーロッパと、すでにソーシャル・ネットワーキング・サービスが提供されている国々への進出。
 いきなりアメリカか・・・
 大丈夫なのだろうか。
 それと収益のモデルが広告と仮想通貨「モバゴールド」の二つだけというのも心配される。
 ディー・エヌ・エーは、モバゲー以外の新たな収益の柱を育てたほうがいいのではないだろうか。

                    
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。