スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、500億円の赤字・・・メモリー事業悪化で

                   20080919-00000517-reu-bus_all-thum-000.jpg

  東芝は19日、2008年9月連結中間決算の業績予想を下方修正し、税引き後利益は4月に予想した150億円の黒字から、500億円の赤字になると発表した。

 半導体の市況が下落した影響で、主力の半導体事業の採算が大幅に悪化したことが要因だ。09年3月期の税引き後利益も、当初予想の1300億円から700億円にほぼ半減するとしている。

 9月中間の部門別予想では、半導体のうち、携帯型音楽プレーヤーなどのデジタル機器に組み込まれるフラッシュメモリー事業が急速に悪化した。このため、「電子デバイス部門」の営業利益は当初予想していた300億円の黒字から、680億円の赤字になる。

 記者会見した村岡富美雄専務は、「事業環境が依然として厳しく、早期の回復は見込めない」と述べ、東芝が進めてきた原子力発電と半導体の両事業への「選択と集中」戦略が苦境にあることを認めた。

 ものすごく、景気減速を感じる。ついに東芝が赤字だ・・・
 原因は主力のメモリー事業の不振だ。もともとメモリーの類は競争が激しく、大幅に価格が下落することもあるなど難しい事業だからだ。
 まぁ、すぐに東芝の屋台骨に響くことはないが、今後も不振が続けば売却などを含めた「選択と集中」が必要になるだろう。
 このニュース、結構ショックだ。
 日本経済の減速が徐々に加速しているような気がする。
 不安だ・・・、日本経済は持ちこたえられるのだろうか。

                   
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。