スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊・誘拐がソマリアの主要産業に、今年の「儲け」はすでに30億円

2008091820-1.jpg

ソマリアの海賊事件は今年着実に増加している。

現在のところ海賊たちは、ソマリア北東部の漁村エイルの南に位置する港に、11隻の船を保有している。彼らによる大型船の乗っ取りは今年に入って急増し、1回で平均100万ドルの身代金をもたらした。

ワイアードのブログ『Danger Room』に寄稿している海軍アナリスト、Galrahn氏は、この問題はさらに悪化すると予測している。その根拠として、同氏は具体的な計算を示して、海賊行為や誘拐がソマリア人たちにとって比較的収益性の高い「産業」になっていることを説明した。

Galrahn氏のブログによると、エイルの村では、「元々地場産業だった漁業が、海賊行為に取って代わられた」という。「今年に入ってから]現在までに乗っ取られた30隻以上の船舶は、数字の上では地域経済に3000万ドルをもたらしたことになる。これに対し、現在のソマリア全体の水産業は約150万ドルの規模と見積もられている」

この件について、先進諸国は何か手を打っているのだろうか? どうやら、大したことはしていないようだ。

交代制の国際海軍が商業船を守る任務についているものの、その数はまばらであり、また、主に国連の食糧援助船を守っている。商業船の乗組員たちは、機関銃やロケット弾で武装した海賊相手に、なんとか自衛しているのが実情だ。フランス軍は、海賊に積極的に対抗する勢力としては唯一といえる存在だが、いまのところ、エイルに接近しすぎることは避けている。

商業船にとって最善の防御策は、「回避航路」を取って海賊から逃れることか、逃げ切れなかった場合は、乗船しようとしてよじ登ってくる海賊たちを強力な放水砲で打ち落とすことだ。過去には、乗組員たちが「音響兵器」で攻撃して、海賊たちの接近を防いだ例もある。

 海賊が産業って、おいおい、すごい国だな。
 
 けどその背景には、深刻な貧困という問題が影を潜めている。
 このソマリアという国、1991年のからの内戦で経済は壊滅、崩壊状態にあり、世界最貧国の一つとしても取り上げられている。また、平和基金会が発表した2008年度の失敗国家ランキングでは第1位に位置し、各国からの援助を頼りに成り立っている国である。
 
 驚いたのが一人当たりのGDPの金額。

 ・日本人の一人当たりGDP 3万8410ドル
 ・ソマリアの一人当たりGDP 約600ドル

 600ドルぽっちか・・・
 生きるためには、食べなきゃいけない。
 食べるためには、お金が必要だ。
 
 海賊という行為を認めるわけではないが、貧困という問題を解決しない限り、海賊行為は続けられると思う。
 
 その海賊行為を防止するために、日本政府はソマリア近海と並んで海賊被害の多いマラッカ海峡(インドネシア・マレーシアの周辺海域)で巡視船の無償供与や特殊警備隊による船舶制圧訓練、捜査官をシンガポールなどに派遣して、海賊組織摘発のための国際共同捜査などを積極的に行っている。

 貧困という問題は本当に奥が深い。
 われわれ人類は解決できるのだろうか?

               

 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- jojo - 2009年04月18日 14:12:53

はじめまして。
ソマリア・ゴミ投機問題・・という検索で流れ着きました。

海賊問題・・その原因がとても気になっていたのですが、
最近、アメリカのオータナティブ・メディアDN!のデイリーニュースの
日本語のダイジェスト版で、ソマリアの海賊問題は、
1992年から始まっている、先進国の工業廃棄物や
核廃棄物、有毒廃棄物の不法投棄と、
ヨーロッパ各国(スペイン、フランス、ギリシャ、イギリス、ノルウゥエーや)
アジア各国(中国、台湾、フィリピン、韓国など)の
不法で暴力的な大量漁業が、現地の船を脅し、海水資源を
奪ったことから始まっている。

ということを読みました。もし・これが本当のことだとしたら、
そのことが報道されていない先進国のメディアの方が、
おかしいのでは?(と)思ってしまいます。

トラックバック

米流時評 - 2008年09月21日 13:50

速報!パキスタン・マリオット爆破テロで40名死亡

   ||| イスラマバード・マリオット爆破テロ ||| パキスタンのイスラマバード・マリオットホテル爆破テロで40名死亡 パキスタン・イスラマバード発 |現地時間で20日土曜夜、パキスタンの首都イスラマバードを代表するホテル、マリオット・イスラマバードを自爆...

米流時評 - 2009年04月19日 07:42

復讐を誓う海賊に、資金凍結で首根を絞めるクリントン

  ||| ソマリア海賊掃討に陸上基地計画案 |||  EU「海軍力増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相提案「湾岸に歩哨基地」  スエズ運河から紅海を経てインド洋へ至る、世界の輸送タンカー主要航路を警護 ソマリアの海賊については、07年から大きな襲撃事件が...

米流時評 - 2009年04月19日 13:58

過熱するアデン湾岸戦争でソマリア歩哨基地案も

  ||| 過熱する海賊とのアデン湾岸戦争 |||  EUと米国の共闘掃討作戦、過熱するアデン湾岸戦争でソマリアに歩哨基地案も  EU「海軍力を増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相「湾岸に歩哨基地を」 ここ1・2年雨後のタケノコのように急激に横行し、今やソ...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。