スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂の利益は社員1人当たり160万ドル

 「ニンテンドーDS」と「Wii」の発売以降、任天堂が驚くべき成功を収めていることは周知の事実だ。9月第3週に英紙Financial Times(FT)が発表したレポートでは、この成功を適切な見方で見ようとしている。

 この記事によれば、任天堂は2008年に社員1人当たり160万ドルという記録的な利益を上げる見込みだという。Financial Timesは、同社の最新の売上高予想の数字と正社員が3000人以下であることを併せて考えると、任天堂の社員1人当たりの利益は、GoogleやGoldman Sachsのような超優良企業を上回る数字になるという。Financial Timesによれば、検索エンジン大手のGoogleは従業員1人あたり62万6000ドル、国際的な投資会社のGoldman Sachsは124万ドルになるという。

 任天堂が利益を維持している手段はいくつかあり、その中でも製造と一部のゲーム開発をアウトソーシングしていることが大きい。また、同社は社員に支払う給料も節約している。Goldman Sachsの2007年の平均給与は66万ドルだが、任天堂の平均給与は9万900ドルだという。

 任天堂の社員はFinancial Timesに対して、「われわれは成功を経験しているわけではなく、ただ時間と共に大きくなってきただけだ」と語っている。ただし、記事ではこのコメントを話した際、その社員には「不満の様子はまったく見えなかった」と特に記されている。

 すげー任天堂。ただその一言に過ぎる。
 やっぱり、儲けたからといって、新たな事業に参入せずにそのカテゴリーで頑張り続けているのがよい理由だと思う。
 あと、開発や研究に惜しみなくお金を使うことも。
 だからわれわれの目をひきつけるような、DSやWiiといった魅力的で、斬新な製品が開発されるのだと思う。
 今後も任天堂にはゲーム業界のリーダーとして、私たちを驚かせるような製品を開発してほしいと願っている。



                
                

  

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2008年09月24日 15:46:49

このまま後はゲーム業界ジリ貧って気もしますけど、、
にんてんどーすごいっすね。

トラックバック

米流時評 - 2008年09月24日 14:05

「ビルマ自由の竪琴」政治犯ら9千名自由の身に

   ||| ビルマ、自由の竪琴 |||   ミャンマー軍事独裁政権、恩赦で政治犯ら6千名を釈放処分   国連総会開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた政治的対策か 朗報! 昨年夏に托鉢を覆して、軍事独裁政権に決死の抗議を繰り広げたビルマの僧侶たち。『米流時評...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。