スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒが中国で牛乳生産・出荷 「信頼性」が売り

           TKY200809270160.jpg

 食品への不安が高まる中国で、アサヒビールなどでつくる「山東朝日緑源乳業」(山東省莱陽市)が今月、牛乳の出荷を始めた。「成分無調整」をうたい文句に、青島、北京、上海の高級スーパーで販売する。

 莱陽市にある朝日緑源の牧場は、約20ヘクタールの敷地でホルスタイン牛を1050頭放牧している。毎日、約10トンの生乳を搾り、有害物質が含まれていないかチェックする。日本の技術で建設した工場で、さらに不純物を取り除き、無菌状態でパック詰めし、自社の保冷トラックで出荷する。

 出荷するのは1リットルパックなど3種類で、店頭価格は1リットルで22元(約350円)程度で、中国製品の1.5~2倍。それでも中国では、粉ミルクや牛乳への有害化学物質メラミンの混入事件で、食の安全への関心が強まっており、アサヒビールは「牛の飼育、飼料の購入や物流まで、日本の企業が一貫して管理することで信頼性を高めたい」とする。

 アサヒが中国で乳業事業を本格展開するらしい。
 前から計画していたことだろうが、アサヒにとっては時期もタイミングも最高だったと思う。
 かなり高い金額での販売となるが、食品不安の広がる中国ではよく売れそう。
 それにしても、最近キリンもオーストラリアで最大手の乳業メーカー「National Foods」を3000億円程度で買収するなど、日本の食品メーカーにとって乳業事業を海外で展開することはそれほど抵抗がないらしい。どうしてだろうか?案外、コストが低いため儲けが多かったり、ブランド力がなくとも参入しやすいのだろうか。少し疑問だ。
 アサヒやキリンには伸び悩む日本市場以外で収益の柱を増やし今後も飲料業界を盛り上げてほしいですね。




                

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 山梨次郎 - 2008年09月30日 05:08:39

こんばんは。
レンさんの考えているとおり、
やはり中国発の乳製品に対する不安によって安全な
乳製品の需要があると思ったんでしょうね。

実際、アジア全体を見ても生活習慣の欧米化が広まってきているようにも思えますし、日本でのバター不足など
乳製品に対する需要はうなぎのぼりのようですし。

個人的には、中国で生産活動を行うという一点だけが
不安要素だと思います。

- レン - 2008年10月01日 00:40:21

ご訪問ありがとうございます。
まぁ中国の13億人の胃袋は巨大なビジネスチャンスですからね。
まだまだ需要はありそうです。
たしかに中国での生産活動、少し不安ですね。
なんせあの国ですから・・・
日本企業には成功してほしいですね!
また、いらしてください、では。

トラックバック

米流時評 - 2008年09月30日 16:00

汚染ミルク捜査を隠蔽していた中国公安当局

    ||| 汚染ミルク捜査を隠蔽した公安当局 ||| 中国政府の公安当局、昨年からのメラミン混入汚染ミルク捜査を隠蔽 汚染乳業メーカー22社中 最大の三鹿工業グループ 操業停止で国営へ 前号「メラミン混入で中国が台湾に公式謝罪!」からの続き 今回のメラミン...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。