スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIG日本法人、国内3社を売却へ 損保事業は維持


 米金融不安で米連邦準備制度理事会(FRB)から融資を受けて救済された米保険最大手のAIGは3日、中核事業の損害保険に経営資源を集中させる基本方針を発表した。

 同時に、日本で事業展開しているアリコジャパン、AIGスター生命保険、AIGエジソン生命保険の生保3社を売却する意向を明らかにした。AIGは日本の生保事業から事実上撤退し、損保2社の経営に専念する見通しだ。AIGは日本の生保事業を「米国に次ぐ市場」と位置づけていたが、収益を上げている日本法人の売却で経営再建を加速させるべきとの判断に傾いた模様だ。

 日本のAIGグループは3日、「株式を売却することになっても保険契約に影響を与えることはない。窓口やサービス体制も変わらない」とのコメントを発表した。アリコジャパンは米アリコの日本支社で、テレビCMによる「はいれます終身保険」などの通販で成長した。AIGが100%出資している日本法人のAIGスターとAIGエジソンは、それぞれ経営破綻した千代田生命保険と東邦生命保険の業務を引き継ぎ、営業職員が販売にあたっている。

 存続する日本の損保事業は、海外旅行の傷害保険などが強みのAIU保険、電話で販売する損保商品「アメリカンホームダイレクト」で知られるアメリカンホーム保険の2社が営業している。5社合計の国内従業員数は約2万6000人で、外資系保険では最大手だ。


 速報ニュースで知りました。
 AIGの日本法人は900億円規模の増資を行うと発表したばかりなのに・・・
 やっぱり売却か。
 アリコジャパンなんて、あんだけ派手に広告を展開して、多くの顧客を抱えていると思う。
 保険の契約者はちゃんと守られるのだろうか、影響が出なければよいが。
 あとは買収先だろうか、やはり外資系なのか国内系なのか、非常に注目したいところだ。




                
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

米流時評 - 2008年10月04日 12:32

下院でも通過!70兆円の経済救済案ついに成立!

  ||| 70兆円の経済救済案ついに成立 ||| 70兆円の超大型経済救済案、2度目の下院でも263対171で可決さる ブッシュ懇願、長老議員奔走の結果、1日の上院に続き下院でも通過 ワシントン発 |米国時間で3日金曜午後、7000億ドルの金融危機救済の財政援助緊急案が...

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。