スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル物理学賞に南部 陽一郎氏、小林 誠氏、益川敏英氏の3氏

 
 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、08年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授、益川敏英京都大名誉教授の日本人3人に贈ると発表した。日本人のノーベル賞受賞は02年の小柴昌俊氏(物理学賞)、田中耕一氏(化学賞)以来6年ぶり。

 ノーベル賞はダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベル(1833~96)にちなんだ賞。遺産を、人類の生活向上や平和に大きな貢献をした者に国籍にかかわりなく賞として与える、という内容の遺言が見つかったことがきっかけで1901年に始まった。日本人は49年に湯川秀樹氏が物理学賞を受賞したのが最初。

 テレビの速報ニュースで知りました。
 日本人がノーベル賞を受賞するなんて、すごく嬉しいです。
 日本人の受賞は6年ぶりのようです。
 今、日本はちょっと元気がないですが、このノーベル賞の受賞は日本を盛り上げてくれますね。
 本当におめでとうございます。
 
 


                 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

うれしいです - ひろ - 2008年10月08日 00:54:17

俺は大学で遊びほうけてましたが、京大関係者のお二人の受賞がうれしいです

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。