スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寅さん」ネット配信へ

47432937.jpg

「男はつらいよ」などネット公開 松竹、自前で有料配信
松竹は、自社サイトで映画の有料ストリーミング配信を始める。映画会社ならではのサービスを付け、一般の映画サイトと差別化する。
2008年04月28日 19時40分 更新
 松竹グループは、動画配信サイト「松竹 ONLINE」を5月21日に開設し、映画の有料ストリーミング配信を始める。過去の映像資産の活性化と収益の拡大につなげるとしている。

 まずは「男はつらいよ」「二十四の瞳」「晩秋」「秋刀魚の味」など、ネット初公開作品を含む200作品をそろえた。毎月10~20本ほど追加していく。

 1作品367円で7日間視聴できる「単品コース」と、月額1050円で映画監督や俳優のおすすめ映画を視聴できる「月額コース」を用意。ビットレートは1Mbpsと3Mbpsの2種類。

 作品陳列にとどまらず、1本1本の映画を丁寧に紹介するほか、月額コースでは、映画鑑賞権の割引や試写会の招待、映画撮影所の見学といった映画会社ならではのサービスを提供する。

 サイトの運営は子会社の衛星劇場が行う。開設後は、毎月10~20本程度ラインナップを増やしていく予定だ。10万会員の獲得を目指す。

 同社は「光ファイバーの普及など通信環境の改善によって、映画の視聴形態が多様化している」としており、ネット配信によって収益の拡大を図っていく方針。「デジタル化時代の映画コンテンツのマーケティングノウハウを蓄積する」としている。[ITmedia]

 う~むと、首をかしげることである。
 松竹がさまざまな、映像コンテンツをネットで有料配信すると発表した。コンテンツ数は200。どうなのだろうか、僕はかなり厳しいと思っている。
 まず、コンテンツだが、数量で言えば結構、集めたほうかなとも思うが、まだまだ少ないだろう。肝心のコンテンツの中身にしても、かなり厳しい。映画業界、最大手の東宝に比べると、やはり、松竹は大ヒット映画が少ない。さらにいえば、東宝のようなヒット作は少ないものの、アニメに定評がある東映のような、アニメ作品のコンテンツにも、松竹は恵まれていない。
 実際に動画配信を行うサイトは、数多く見られるが、その多くがかなり苦戦してるといえる。国内最大手のネット配信を行うサイトといえば、ギャオがあげられるだろう。会員数は1500万を超え、数多くのアニメ作品やさまざまなコンテンツを配信しているが、今期は約30億の赤字と厳しい状態だ。
 最近、急成長を遂げた動画配信サイトといえば、ニコニコ動画だろう。会員は、約600万人を越え、松竹の目指す有料会員も、17万人を越えている。コンテンツも、趣向を凝らして制作された動画が多く、高い人気を得るものや、吉本興業やエイベックス・エンタテインメント、TOKYO FMグループなどによる公式動画といった、数多くのコンテンツを保有している。また、CMの配信や、有料会員料やアマゾンアフィリエイト広告などによる収益化も目指しているが、いまだ黒字にいたっていないのが現状だ。
 あまり、ビジネスとして成り立っていないのが、この業界の悲しいところだが、ぜひ、松竹には頑張ってほしいとこである。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。