スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融危機、スポーツ界に影

 世界的な金融危機がスポーツ界にも影を落としている。好況時に流れ込んでいたマネーが滞り始めたためだ。F1、五輪、サッカー、米プロスポーツと、関係者は危機感を強めている。

 現在、富士スピードウェイで日本GPが開催されている自動車のF1。チームの運営は巨額なスポンサー資金に支えられているだけに影響は避けられない。国際自動車連盟とチーム代表が、次戦・中国グランプリ(GP)終了後にコスト削減に向けた緊急会議をすることになった。 BMWザウバーのマリオ・タイセン代表は「自動車メーカーはもちろん、あらゆるスポンサー業界も打撃を受けている。F1でも、早急に対策を練らねばならない」と話す。ウィリアムズ首脳はBBCに「1、2チーム、しかも主要メーカーのチームが撤退する可能性がある」と語った。

 12年夏季ロンドン五輪は選手村の建設費用が危うくなっている。あてにしていた民間からの融資が集まらず、2億5千万ポンド(約440億円)の不足に陥っているという。 五輪の施設建設担当者はロンドン議会で、「(資金調達の)交渉は続いているが、金融市場が日々変わり、成立の可能性は非常に流動的だ」と語った。メディアセンター建設費も1億5千万ポンド(約264億円)足りないという。

 スポーツにまでこの世界的な景気減速が波及しているようだ。
 まぁ、企業が業績が悪くなると真っ先に絞るのが広告費や交際費とよく言う。
 そうなると野球選手やサッカー選手の高額な給料とかはなくなるのだろうか。
 スポンサーがいないとなると優秀なスポーツ選手が職にあぶれるなんてこともありえるのだろうか。
 そうならなければよいが・・・
 僕には早くこの金融市場の混乱が収束することを願うしかなさそうだ。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。