スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパンション・ジャパン破たん、負債総額は今年2番目


 帝国データバンクによると、フラッシュメモリメーカー米Spansion日本法人Spansion Japanが2月10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。負債総額は約741億円。製造業としては今年最大規模の倒産という。

 1993年4月、富士通と米AMDの出資で設立。03年7月、両社合弁で設立した米Spansionの子会社となった。

 携帯電話やデジタル家電向けフラッシュメモリを製造。06年12月期通期の売上高は約1797億3500万円に達した。

 だが工場拡張のための設備投資や研究開発費がかさみ、グループ全体の採算が悪化。人員削減や設備投資の抑制なども奏功せず、世界的な不況も重なってさらに業績が悪化した。

 負債総額は、2月に会社更正法を適用した日本綜合地所(負債1975億4900万円)に次いで今年2番目に大きい。

 米NASDAQに上場しているSpansionは、従来通り営業を続けている。グループ全体の従業員は約9500人。

 びっくりですね・・・
 スパンション・ジャパンは日本の唯一の生産拠点を福島・会津若松市に構えているのですが、会津は自分の地元のため、今後どうなるのか心配です。
 会津若松市は意外にも工業が盛んな街です。
 特に、半導体産業の生産額が市全体の製造品出荷額の50%を超え、「半導体城下町」と呼ばれることもあるみたいです。
 先月にも、同じく会津若松市に工場を設けている、「富士通マイクロエレクトロニクス」も従業員約2000人の従業員再配置を行うと発表していて、今回の件と合わせて、福島県全体に大きな衝撃を与えています。
 また、今後は、「営業は継続し、今後の対応を検討中。現在、同業の他メーカー数社と売却を含めて交渉中」と言うようなので、今後の推移を慎重に見守って行きたいと思っています。


            

トヨタ「格下げ」、販売不振で最終赤字に転落

 トヨタ自動車が今期3度目の業績下方修正に追い込まれ、初の最終赤字に転落する。「世界最強のメーカー」といわれたトヨタも景気悪化に伴う新車販売の低迷や、急激な円高には抗しきれなかった形だ。「今期を底に来期以降の反転を目指す」(木下光男副社長)とするが、浮上への手がかりはあるのか。

 トヨタを取り巻く経営環境は来期(平成22年3月期)も厳しい。今期のトヨタの世界販売台数は前期比159万台減の732万台に落ち込み、来期はさらに減少する見通しだ。

 直近の為替も今期の平均レートより10円円高の1ドル=90円前後で推移しており、営業利益を4000億円吹き飛ばす要因になる。

 市場関係者の見方も一様に厳しい。決算発表と前後して、ムーディーズなど米格付け会社2社がそろってトヨタの長期債務格付けを1段階引き下げた。

 ともに「来期業績が大きく改善する可能性は低い」と判断したためだ。市場では「来期の営業赤字は1兆円を超える」(証券アナリスト)との声もある。

 反転攻勢のカギは徹底して合理化を追求する、“お家芸”カイゼンの一段の強化だ。

 外部環境の悪化が不振の原因とはいえ、木下副社長が「急拡大の中でおろそかになっていた部分もあるかもしれない」と話すように、「乾いたぞうきんを絞る」といわれてきたコスト削減が拡大路線の中で二の次にされていた部分もあるからだ。

 このため、トヨタは減価償却費や労務費など固定費を10%、金額で5000億円程度削減することを表明。新工場建設などの計画中止・延期のほか、賞与をはじめ労働条件も見直す。さらに、年内に日米欧市場で計23車種もの新型車投入を予定。新型「プリウス」など得意のハイブリッド車を複数投入する。

 経営の重しだった在庫も集中的な減産効果が表れ、「相当な勢いで調整が進んでおり、今春には生産水準を回復できそう」(幹部)という。

 昨年は過去最高の2兆2000億円の営業利益をあげたトヨタ自動車。ところが一転、2009年3月期連結決算の業績見通しは営業利益は4500億円の赤字、また、最終利益も1950年3月期以来59年ぶりに、赤字に転落し、その金額は3500億円にまで拡大しています。
 世界的な景気の急激な冷え込みで、日本を代表する優良企業・トヨタ自動車もついに赤字に陥ってしまい、経営環境・状況の悪化が一段と進んでいることが感じさせられます。
 昨年、兆単位の利益を稼ぎ出し、「トヨタ銀行」の異名をとるほどの莫大な資産がトヨタにはあるので、すぐに影響がでることは無いでしょうが、今後、この不況がさらに拡大し、市場がさらに冷え込み続ければ、トヨタ自動車と言えども危ない状況になってしまうでしょう。
 トヨタ自動車本体も厳しい状況にありますが、それよりさらに深刻なのは下請けの企業ではないでしょうか。今後もトヨタに厳しいコストダウンや「カイゼン」を求められ、まさに「乾いたぞうきんを絞る」ということになるのでしょう。
 さらに、日本を代表する、製造業・電機・自動車・銀行・小売などの決算発表がされていますが、どこの企業の業績も大変厳しいものになっています。この突然訪れた不況、日本企業が脱出できるのに、一体どのくらいの時間が必要なのでしょうか。



           

セブン&アイHD:西武百貨店、そごうなど3社合併へ


 セブン&アイ・ホールディングスは30日、傘下の中間持ち株会社のミレニアムリテイリングと同社子会社の西武百貨店、そごうの3社が8月1日付で合併すると発表した。西武、そごうで仕入れなどを一体運用し、重複する管理部門を一元化するなどして業務を効率化する。セブン&アイとの連携も強化する。

 そごうを存続会社として、他の2社を吸収合併し、セブンに直接ぶら下がる形になる。新会社は「そごう・西武」となるが、店名は変えない。新会社の社長にはミレニアム社長の山下国夫氏が就任する。

 重複する管理部門の人員を販売現場に振り向け、営業力を強化。地域ごとの消費者ニーズに対応するため、西武池袋本店、そごう横浜店、同神戸店など五つの基幹店舗を中心に近隣店舗でグループをつくり、仕入れや販売促進の一体運用を進めていく。

 現在西武が16店、そごうは12店ある。2008年8月中間期の西武とそごうの売上高は単純合算で前年同期比2%減、営業利益は16%減と低迷している。

 いずれは統合すると思いましたが、結構時間がかかりましたね。
 景気後退で百貨店業界は非常に厳しい状態になっています。
 ここ数年でも、大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングや三越・伊勢丹が三越伊勢丹ホールディングスに、そして、高島屋・阪急、阪神百貨店連合が誕生するなど、業界の再編が続いています。
 西武とそごうは統合により、仕入れや販売促進、営業、広報などを一体化しさらに経営効率・営業力を高めていくでしょう。
 百貨店業界にとって厳しい戦いはまだまだ続きそうです。


             

「ハンバーガーのために友達10人切れますか」――Burger Kingがユニークなキャンペーンを展開

  yu_king.jpg
 
 ハンバーガーチェーン店の米Burger Kingが、Facebook向けにユニークなアプリケーション「WHOPPER Sacrifice」の提供を開始した。ワッパーはBurger Kingの看板商品のハンバーガーだ。

 このアプリをインストールしてFacebookの友達リストから10人削除すると、大事な友達を犠牲にしてでも食べたいくらいのワッパーへの愛を証明したとして、このバーガー1個と無料で交換できるクーポンを受け取ることができる。

 アプリをインストールすると、友達リストのところに「犠牲にしたい友人をクリックしよう」の文字が表示される。友達の写真をクリックすると、その友達がリストから削除され、しかもアクティビティーのフィードに、その友達をワッパーのために犠牲にしたことが掲載される。

 キャンペーンサイトに表示されている犠牲となった友達の総数は、1月10日現在既に約7万人に上っている。

 なかなか過激でユニークなキャンペーンですね。
 この新たなキャンペーンはアメリカのSNSサービス、Facebookの中の友達リストから10人の友達を削除すると、アメリカのハンバーガーチェーン「BurgerKing」のハンバーガーが一個無料で受け取れるサービスだ。
 アメリカでは今、FacebookやMySpaceといったSNSでオンラインの友達を削除することはやってはいけないことになりつつあり、ちょっとした社会問題になっているらしい。参考記事・「絶交ってこと?」――SNSで友達削除の難しさ

 そのような中、このキャンペーンで犠牲となり「削除」された友達は7万人に上るという。
 ハンバーガーが一個と、友達10人、友達を「削除」してしまうことにそれほどためらいは無かったのだろうか?それとも、あまり付き合いの無い人、疎遠になってしまった人たちをこの機会に整理してしまいたかったのではないかなと思います。

  まぁ、もしかしたら友達同士で共謀しあって、ハンバーガーを手に入れたかも知れないし、いずれにせよ、なかなかユニークなキャンペーンですね。


             

 
 

韓国車危機、登録台数は累計500台を死守

2008年12月度 車名別輸入車新規登録台数
(乗用車・貨物・バス合計)

       当 月 台 数           1 月 か ら の 累 計 台 数
      本年(a) シェア% 前年(b) a/b%     本年(c) シェア% 前年(d) c/d%
Hyundai   97    0.51    35 277.1      501   0.23   1,223  41.0
DAEWOO                         3    0.00     5   60.0
Kia                             1    0.00    

 うわー、相当厳しい結果ですね。
 それにしても、一年間に現代が500台、大宇とキアにいたっては、3台、1台と年間に一桁の台数しか登録されていないようです。
 やはり、韓国車にとって日本市場は鬼門ですね。
 それにしても、年間500台ということは、この数の多くはディーラー登録や営業車での使用などだと思われます。
 ここまでくると、キアの一台、という台数は奇跡に見えますね。
 この現状では、韓国車の日本市場撤退ということになるでしょう。
 現代がどれくらい耐えられるのか、そして何らかの新たな戦略を打ち出すのか、今後も注目したいと思います。参考記事・車が月に20台しか売れない・・・日本市場の開拓の難しさ=韓国・現代自動車


              
≪PREVNEXT≫
Amazon
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
    
現在の閲覧者数:
相互リンク
Amazon
アクセスランキング
Amazon
フリーエリア
フィードメーター - にゅーすななめよみ スカウター : にゅーすななめよみ 人気ブログランキングへ Powered by PR-Icon
ページランキング
ブログパーツ
ブックマーク&RSS
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。